質問

    登山後の疲労回復はどうやってますか?

    質問者:tozanaikouka 投稿日時:2016/5/10
    登山した後の疲労ってみなさんどうやってますか?
    最近とくにひどく、なかなか疲れがとれません。
    ちょっと遠出の山に登った時なんか疲れが半端じゃないです。バテバテです。

    頭ははっきりしてますが、体が思うようぬ動きません。
    お酒もあまり飲みません。

    みなさん、登山後の疲労回復はどうやってますか?
    登山の後の疲労回復方法を教えてください。



回答

ベストアンサーに選ばれた回答
回答者:tozanbeteran 回答日時:2016/5/12

ベストアンサー10pt

私も登山の後、疲労が抜けなくて、何か良い解決策はないかと色々試してみました。

サプリメントを服用しましたが、即効性は感じられませんでした。

マッサージ店で体をほぐしてもらいましたが、その時は気持ちいいのですが、疲労回復とまではいきません。

知り合いが、重炭酸泉が疲労回復に良いと教えてくれたので、登山の後、ネット通販で買った「薬用HotTab重炭酸湯」を試したところ、いつもの疲労感が無くなり、翌朝スッキリと目覚め、いつものけだるさも感じませんでした。

私がネット通販で買った「薬用HotTab重炭酸湯」

詳しく知りたい方はこちら




効果的な炭酸泉浴の方法

炭酸泉に限らず、湯温は40度くらいのちょっとぬる目が理想。

炭酸ガスが溶けているから、実際の温度より温かく感じられるし、何より心臓に負担をかけません。

肩までつかるくらいまでのたっぷりのお湯にゆっくり、少し長めに浸かってください。市販の炭酸ガス入浴剤を使用する場合は入浴直前に入れ、複数人が入る場合は入浴剤を入れてから2時間以内に入浴をすませてください。


血中の乳酸量が素早く低下

ストレスに悩まされている私たち現代人。そのストレスを飲んだり食べたりで解消しようとしている人の多いこと。でもそれは心身ともに逆効果です。

そんなストレスいっぱいの現代人にぴったりなのが温泉療法。

最近どうも疲れ気昧だなあ…というとき、温泉は最適な空間です。

無性に温泉に行きたい、そんな気分のときは、からだが、心が、リラックスしたいと願っているのかもしれません。

温泉による効能はその泉質によりさまざまですが、中でも炭酸泉は血行促進のほか、肩こりゃ腰痛、冷え性などを改善し、疲労を緩和する効果にすぐれているといわれています。

炭酸泉とサラ湯とで入浴による疲労回復効果を比較してみると、疲労物質といわれる血液中の乳酸の量が、炭酸泉のほうが素早く効率よく低下していくという実験結果も報告されています。




炭酸泉浴はぬるめのお湯に長くが基本

筋肉疲労は肉体労働だけでなくデスクワークによっても引き起こされるもの。

たいして動いていないと感じていても、知らず知らずのうちに疲労は蓄積されていきます。

心当たりがないのになんだかひどく疲れているように感じたら、炭酸泉浴を試してみてください。

ポイントは、ぬるめのお湯に、長く浸かること。ストレスやイライラによって高まった交感神経の働きを休め、逆に副交感神経の働きを高めて心身に安静をもたらしてくれます。

そうはいっても、炭酸泉が身近にないし、頻繁に温泉になど行けないというのが現実。

そんなときは市販の炭酸ガス入浴剤を使用すればOKです。

もちろん炭酸水を飲むことでも効果は同じ。

炭酸水に含まれる重炭酸イオンが、水素イオンを水と二酸化炭素に中和して体外に排出することで、からだの中の乳酸を素早く減らし、疲労回復にしっかり作用します。





薬用ホットタブ重炭酸湯
血液の乳酸量が素早く低下!




このページの先頭へ